スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
モデルロケット教室がありました。
2010/09/25
秋田はいきなり寒くなるなあああああ


さて、

今日、モデルロケット教室がありまして。


今回は小学生を対象とし、アルファⅢを製作させて定点競技を行いました。


モデルロケット教室


すっかり秋のふいんきです。


ものすごい勢いで飛んでいくロケットに、みんなびっくりしていました。

これを機にモデルロケットに興味をもってくれたらうれしいですねー。



で、当然ながら自分のモデルロケットも打ち上げてきました。

『ROC 01』
ROC01_5

『ROC 02』
ROC02_3

この2機ですね。


最後にデモンストレーションとして打ち上げました。

そんなたいそれたもんではないですが。。。


打ち上げのコンディションは、風が非常に不安定でありちょっと悪めでした。


そんな中、『ROC 01』をまず打ち上げ。

予定高度は60mで、A8-3を使ったアルファⅢよりは高度は低めでしたが、なるべく垂直に打ち上げてみたので、見栄えはよかったです。

なかなか使えそうな機体です。

で、開傘後は結構風に流されましたが、なんとかグラウンド内ギリギリで回収できました。


次に、『ROC 02』を打ち上げ。

予定高度は150mで、アルファⅢより飛んじゃう予定です。

そして見事に飛んでいきました。

この飛びっぷりは、アルファⅢをしのぎますね。もうね、びゅーんって感じ。

そして開傘後は流される流される。

まさに場外ホームラン。4得点です。

まあ、回収に苦労するのは予想してましたが、運よく普通に見つかり、無事回収できました。



それにしても、今回の風はひどかったなー。

たーびゅらんすだ。


いやー、1㎞四方の土地が欲しいです。




さて、今は『ROC 03』を設計中です。

今回は(も)変わったロケットになります。

こんなん。

concept01_1

わお!

って感じです。

クラスターします。A3-4Tで。

でももしかしたら飛び過ぎるので、1/2A3-2Tのクラスターになるかも。


はじめは、鏡音リン・レンの痛ロケットにしようと思ってましたが、普通めにしました。



あと、ESTESのV-2を製作再開。まだまだ時間かかりそう。

ストックしてるロケットを作んなきゃなー。

バルサフィンの処理が面倒であんま作りきれてない現状。


まあよい。


今日はこんな感じです。

はい。

スポンサーサイト
モデルロケット | コメント(2) | トラックバック(0) |
できた。
2010/09/22
夏休みもあと10日を切った・・・


僕は元気です。


はい。


さてさて、製作中だったモデルロケットが完成いたしました。

ばばーん

ROC01とROC02

2機できました。

上の機体

ROC01_1


機体名は、『ROC01』。

名前というか、通し番号的な。

なんか命名が面倒なんで、この感じが続くでしょう。



この機体の特徴は、なんといってもフィン。

ROC01_2

6枚のパイロンにより、リング状のフィンが接続されています。


RockSimをつかえば、こんなフィンも設計できちゃうから便利。

ROC01_3


意外とフィンの塗り分けが大変なんですよー。

綺麗に塗れてよかったれす(^q^)


この機体は、A3-4Tというミニエンジンを使用して飛翔します。

コスパいいです。


予定では最高高度60mになる感じです。



そして、もう一機。

『ROC02』ですお。

ROC02_1


別に普通のモデルロケットです。

これもA3-4Tのミニエンジンで飛翔。

コスパいいよ。


こちら、予定の最高高度は150mとなっております。

そう。結構飛ぶんですこいつ。


A8-3エンジンのコピー用紙ロケットより飛んでいきます。

これ。

教育用ロケット_1

よく、我が大学のモデルロケット教室や、サークル新人教育に用いるこのロケットは、A8-3エンジンを使用して高度120mへと飛んでいきます。

コピー用紙とかケント紙で出来ていて、構成自体は軽いのですが、バランス用のおもりが必要なので重くなってしまいます。


それに比べ、今回のROC02はおもりがいらない設計となっているので、軽くすることができました。



ちなみに。

コピー用紙ロケットも設計次第ではおもりが必要ないようにできます。

しかし、これは教育を目的としたモデルロケットなので、ちょっと工夫されているのですよ。

初めは、おもりのない状態のロケットを打ち上げさせます。

このおもりのない状態ではロケットは安定できず、綺麗に打ち上がりません。ものの見事に。

次に、ロケットの安定について説明したのち、おもりを入れ調整を行います。

そして、打ち上げ。

今度は綺麗に飛翔していきます。

これをもって、ロケットの安定を学べるってわけですよ。



で、

今回作った機体の名前ですが、ステンシルで入れてみました。

ROC01_4 ROC02_2


なんかそれっぽくて気に入ってます。

これは、カッティングマシンでステンシルフォントの文字を切り抜き、できた型紙を機体につけて上からスプレーを吹いて行いました。

文字の上下がぼやけてるこの感じが大好きです。


深緑の機体に黒でステンシルをしてみたい・・・

かっこいいだろうなー。



このロケットたちは、今週の土曜日に打ち上げの予定です。

アルファⅢを使ったモデルロケット教室があるので、ついでに飛ばしてきます。


あれ?アルファⅢとROC02のカラーリングかぶってね?



まあよい。



そういや、海外オークションで変わったモデルロケットを買ってみました。

初オークションでしたが、即決だったので楽でした。

まあ、現地の定価より結構安かったのでよかったです。


だがしかし。

発送元がアメリカなので、送料が・・・


モデルロケットは約2000円で落としたのですが、送料やら手数料でプラス3000円。

合計約5000円の買い物となりました。



まあ、でもね、国内じゃ手に入らないものなのでね、いいもんですよ。ええ。

つーか結構欲しかったやつなので、普通にうれしいです。


落札したロケットの詳細は、届いてからのお楽しみ、ということで。

届くまで約2週間以上かかるらしいです・・・



非常に楽しみ。


今回はこんなもんで。

では。


モデルロケット | コメント(2) | トラックバック(0) |
Newロケット、的な。
2010/09/11
そういえば、早いものでもう9月です。

大学生の夏季休暇は8月と9月の2か月間ですが、とても短く感じてしまうのは贅沢でしょうね。


さてさて、


つい先日、モデルロケットのソフトである、RockSimが手に入りました。

なんか古いバージョンはあったのですが、やっぱ新しいのが欲しいということで、頑張って購入。

このために、クレジットカードを作りましたよ。おーこわいこわい。


購入手続きが英語で戸惑いましたが、無事ライセンスを受け取ることができました。



やっぱRockSimだね。

SpaceCADが霞んで見える。



とりあえず、なんかモデルロケットを作ってみることにしました。

こんなん↓

RockSim_1


フィンになんか丸いものを付けました。

RockSimにおいては、こんな形状のフィンもシミュできるっていう。


というわけで、さっそく製作開始しました。(昨日)



今回使用予定のエンジンは、安価なA3-4Tエンジン。

これで、60mくらいの高度になる予定です。


今までのロケットに比べると高度は低いですが、まあ狭いとこでも打ち上げれるので重宝しそうです。



RROC_1

ボディ径は25mm、全長410㎜の予定。


ノーズコーンはコピー用紙をくるくるっと。これが結構難しい。
ボディチューブとエンジンマウントチューブはちょうどいいものを購入して使用。
センタリングリングとかは板目表紙を使用。
フィンには、ケント紙を使用してます。

とまあ、本当身近なもので作れますね。


RROC_2


下のエンジンマウントチューブが10mm出て、更に10mmエンジンが出ます。
なのでちょっと背伸びした感じに。

RROC_3


フィンとなるリングは、ケント紙を2枚合わせて作りました。
1枚だと綺麗な円にはならないので、内側と外側で端をずらして張り合わせるとうまくできます。

で、このリングを支えるパイロンとなるパーツは、左側のやつ。
これもケント紙を2枚張り合わせです。

これを6枚配置すると、

RROC_4

こんな感じに。

これにリングをかぶせると、

RROC_5

こんな感じに。


これで、ロケットの外観はほぼ完成。

RROC_6

レンズ絞りが甘いけど許して。

後ろは、こなん。

RROC_7

結構良さげです。


コピー用紙を使ってたりしても、綺麗に作ればそれなりの出来栄えになるものです。


あとは、パラシュートをつくって、塗装して完成、というとこです。


ちなみに、リングの部分は、本体の塗装が終わってから接着するつもりです。

じゃないと、塗装しにくいので。


今回は痛ロケットではないです。サーセン


ま、ちょっと変わったミニロケットをこれからも作ってみたいと思います。


では。

モデルロケット | コメント(2) | トラックバック(0) |
【なんか】痛ロケットを打ち上げてみた3【空撮】をアップ。
2010/09/02
はい。

アップ完了しましたよー。

【なんか】痛ロケットを打ち上げてみた3【空撮】http://www.nicovideo.jp/watch/sm11969103





EYE4です。痛いモデルロケット4号機・・・

G80エンジンは高杉。

時給換算で3000万円ですよ、奥さん。


次回はどうなることやら・・・



モデルロケット | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。