スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
MLASという変わったロケット。
2010/10/10
昨日、20日ほど前にオークションで落札したモデルロケットが届いた。

オークション経験がなく、しかも今回は海外。

しかしまあ、セカイモンだったので、問題なく完了できました。


さてさて、そんなこんなで手に入れたモデルロケットはコチラ!

MLAS_1


QUEST社のMLASです。

なんか変わった形ですよねー。


このロケットは、NASAによる、

MAX
LAUNCH
ABORT
SYSTEM

つまりは、打ち上げ中止システムの試験用ロケットなんです。


実機の動画はこちら



とても壮大です。

打ち上げには、固体ロケットモータを8基使用しているみたいです。


なんか惹かれたので、このモデルロケットを買っちゃいました。

で、


内容はこんなん

MLAS_2


やっぱモデルロケットは部品構成数が少ない。

プラモデルが出てほしいなああ


素材は、ノーズが発泡スチロールで、ボディなどが紙。ショックコードは手芸ゴムとケブラーのヒモですた。

一応スケールモデルなので、デカールも付属。

ESTESのモデルロケットと違い、デカールは転写タイプ。こりゃいい。


スケールモデルにしては、実物との形状と差が大きいですが、まあ、あの実機のアス比のロケットを飛ばすのは難しそうですね。


購入価格ですが、定価28.99ドルのところ、23.74ドルで購入することができました。

約2000円。安い!


いや、冷静になれば紙と発泡スチロールに2000円は高いな・・・。


そして、輸入なのでさらに金はかかります。

送料やら手数料やらでプラス3000円ほど。。。

計5000円くらい。。。


たけえな。



5000円あればいろんなものが買えます。

僕はその5000円で紙と発泡スチロールを海外から買いました。


・・・。



まあ、日本で手に入らないキットだから!


と思ったら、ケイテックで売ってた。


でも販売価格6300円!高っ!

そして送料手数料が2000円近くかかるんですよ。

そう考えれば、結構お得なんだよ!


はい。


ケイテックはいろいろ売ってるけど、あの価格をどうにかしてほしい。
ESTES製品は安いけどなー。

せめて送料手数料をだな・・・。



とりあえずつくるかー。

スポンサーサイト
モデルロケット | コメント(1) | トラックバック(0) |
これはペンですか?いいえ、トムです。
2010/10/04
トムではないです。

ばばーん

ペン型カメラ_1

なにこれかっこいい

中身はこちら。

ペン型カメラ_2


ペンです。


ペン型カメラ_3


ペンを買いました。



でも、ペンではないんです。


いや、ペンとしても使えますが。


なんとこちら、ビデオカメラなんですねー。


レンズはここ。

ペン型カメラ_5


まさにスパイカメラです。



アマゾンで5000円くらいだったので購入。
安かった。


たしか1280×960の解像度で、30fps。

メモリは内蔵タイプで4GB。


これはいい買い物ではないか!!



まあ、モデルロケットに使うんですけどね。


カメラ部とボールペン部はこんな感じに分かれます。

ペン型カメラ_4

このUSBを介して、データ転送&充電をします。


で、このままだと約30gあったので、外装を取り除いちゃいます。


でやっ!すっぽんぽんや!

ペン型カメラ_6


中身が出てきました。

これで13gになりました。

超軽いっていう。


このような特殊カメラの中でも結構軽い部類だと思う。

キーレスタイプもなかなかの軽さだったと思うけど、ペン型の強みはなんといっても細さ。


この細さ目的で、ペン型を買いました。


よくモデルロケットキットについてくる、エンジンストッパーがぴったりはまった。

ペン型カメラ_7


これで、18mmチューブにぴったり入ります。

ペン型カメラ_8



というわけで、現在設計中。

願わくば、A10-3Tで飛ばしたいなーって思ってます。


うまくいけば、A10-3Tエンジンで120m行けそうです。


今回は、痛ロケット『EYE』シリーズみたいにパラシュートをたくさんつけません。面倒なので。


なんかアルファⅢよりも小さいロケットができそうです。



まあそんな調子で頑張っています。

はい。


ではこのへんで。

モデルロケット | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。