スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
最近のこととか。
2010/06/05
「電子工作?なにそれよくわかんない」な僕でしたが、

こんな小さな部品を数千円で買うようになってました。

気圧センサー

こちらは、秋月電子通商にて購入した、気圧センサー(SCP1000-D01)です。
18mm四方で小さいです。1800円。

何に使うかというと。

モデルロケットに搭載する気圧高度計を作るためなんです。

今回の大人の科学の付録である『Japanino』から影響をうけ、今では電子工作に夢中な感じです。

で、気圧高度計も、Arduinoを利用して作ろうと思っています。

もしかしたら、Arduinoなんか使わずに作ったほうが安いとかあるでしょうが、こっちにします。


この気圧センサー、使ってみるまで気が付かなかったのですが、温度センサーもついてました。

別に温度センサーだけも一緒に購入してましたが、要らなかったぽい。


で、気圧高度計に仕立てるためには、データを記録する場所も必要です。

というわけで、EEPROM(24LC6424LC254)という記録媒体も購入。
EEPROM


よくわかんないけど、フラッシュメモリっぽい。

必要容量もよくわかんないから2種の容量を購入。


冒頭で、「電子工作?なにそれよくわかんない」な僕、とか書いてましたが、今でもよくわかってないです。

はい。

まあ、そのうち慣れるでしょう。


あと、一応SDカードのスロット(DM1B-DSF-PEJ(82))も購入しました。

MicroSD用とMiniSD用もありましたが、ピンの幅が狭く、はんだ付けに自信がなかったので、SD用にしました。

EEPROMに比べSDカードはむずかしいようですが、がんばってみたいです。


で、加速度センサーも載せようと思ってます。

加速度センサー
ピントあまいですね。

左のがスイッチサイエンスで購入したもの(MMA7260Q搭載品)、右がストロベリーリナックスで購入したもの(MMA7361L搭載品)です。

右のは840円で買えちゃって、0G検出付き。

これのどっちかの加速度センサーを載せます。


飛翔中のロケットの姿勢を計測するには、この加速度センサーに合わせてジャイロセンサー等も必要になります。

まあ、今回は姿勢を計測するわけでないのでジャイロセンサーはなしです。


で、肝心のArduinoボードは、『Arduino Nano 3.0』を使用する予定です。

DuemilanoveとNano

左が『Arduino Duemilanove』、右が『Arduino Nano』です。

Nanoはホント小さいです。

ただ、値段が高い。




ここでちょっとArduino Nano 3.0についての話。

今回、このNanoをスイッチサイエンスさんで購入しました。

で、届いたNanoに、異変が。

Nanoの不良

わかりますでしょうか。

左側の足が何本も生えてるやつ(FTDI USB Chip)の足、ハンダがブリッジしています。

あれ?やべぇんじゃね?と思い、公式の画像(リンク22)と比べてみました。

やっぱり変みたい。

というわけで、スイッチサイエンスさんに問い合わせ。

で、そのあと、某大型掲示板に画像を載せて、意見をいただきました。

すると、このブリッジは仕様だという意見がありました。

ブリッジしているのは25と26ピンで、GNDとTESTです。

よくわかんないけど、TESTがGNDにつながってないとダメ(?)みたいで、修正が加わり、生産が新しいものはブリッジしてるとか。

公式の画像は、2008年版と2009年版で、手元にあるのは2010年版。

で、その辺がわかった頃に、スイッチサイエンスさんから、代替品を送りました、との連絡が。

で、その代替品が届いたんですが、ブリッジしてると思いきや、していなかった。

Nanoの不良と良

奥が手元にあったもの、手前が送られてきたもの。

送られてきたのも2010年版です。

('・ω・`)・・・?

一通りスケッチを入れて動かしてみましたが、別に問題なし。

ブリッジしていないものを返送するのもおかしいので、とりあえずしているものを送ろうと思います。

どうなんでしょうかね。これ。




はい。

で、今回モデルロケットに載せるのはNanoですが、どうやらDuemilanoveでも余裕です。
66mmチューブとArduino

チューブは内径65.4mmです。

これならArduinoに俗にいうシールドをつけたりでも問題ないです。



とまあ、がんばってます。


8月の能代市でのモデルロケット一般打ち上げに参加するには、7月までに完成していないといけないので、忙しいです。

そして、サークルでのハイブリッドロケットの設計も忙しく、何より中間テストがたくさん…しかも専門分野…


がんばろう。


ヘッドホンアンプ

なんかブレッドボーダーズの作例のヘッドホンアンプ作りましたが、そんなことしてる場合じゃないっすね。


テルミン?

テルミンぽいものも作ってますが、それどころじゃないですね。


はい。

がんばろう。
スポンサーサイト

他の趣味 | コメント(3) | トラックバック(0) |
<<忙しいお | ホーム | Arduinoを買って楽しい。>>
コメント
アルチメーターワンは販売中
http://www.ktek.jp/sub2-thumb4.html
デジタル高度計アルチメーターワンはモデルロケット販売店ケイテックさんで10500円で販売されています
2010/09/08
もうろく爺さん URL[編集]
Re: 7gのモデルロケット搭載電子高度計
コメントありがとうございます。

そんな便利なものがあったとは・・・
でもカードもなけりゃ、輸入スキルもないので厳しいです^^;

野村特殊さんのところで販売している気圧高度計が高かったので、作ったほう安いと思ったんですが、これだと買ったほうが安いですね。
しかも軽いし。

こういう商品を代理輸入販売してくれるところがあればいいんですけどねー。
2010/06/07
PEZ URL[編集]
7gのモデルロケット搭載電子高度計
http://www.apogeerockets.com/AltimeterOne.aspアポジー社の7gのモデルロケット専用の電子高度計です、ビザカードがあれば個人輸入できます
2010/06/07
もうろく爺さん URL[編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rocketoycam.blog13.fc2.com/tb.php/32-ab36908b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。