スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
卵の宇宙飛行士
2010/08/01
もう8月です。

夏休みはまだです。

今週もテスト週間です。

忙しいです。




さて、

昨日31日に、先生方に連れられて岩手県は奥州市に行ってきました。

何があったかというと、『日本水ロケットコンテスト2010 東北地区大会』がありました。


要は水ロケット大会の東北予選。
優勝すると全国大会@愛知に招待されます。

・・・とはいっても、自分が出場したわけでないですが。


僕の今回の役目は、『火薬ロケットのデモンストレーション飛行』です。

モデルロケット関係が基本僕に回ってくる仕事ですねー。


今回デモに使用したのはこちら。

eggscariber_1

『Eggs Caliber』です。
卵を載せれます。

パーツはこんな感じ。

eggscariber_2

Aサイズエンジン、Dサイズエンジン、Eサイズエンジンの互換性のある機体のため、若干パーツは多め。

出来上がってどーん。

eggscaliber_発射台

(こっから携帯で撮影)
もう発射台に設置されてますね。

使用したエンジンはC6-3。卵はMサイズです。Lサイズだと入りきらないので注意。


主役の卵宇宙飛行士。

eggscaliber_顔

なかなか憎めない顔になりました。
というか、付属してくる顔シールが独特なタッチすぎる…さすがアメリカン…


そして、打ち上げました。

結果は…

卵→回収成功
機体本体→墜落

おうふ


今回のこの機体は、ノーズコーン部に卵を積載し、放出時は機体本体とは別にパラシュートで回収します。
機体も別のパラシュートで回収。

で。

見事に打ちあがったものの、ノーズを放出し、パラシュートが開傘したのはノーズ側だけでした。
機体はそのまま自由落下。

原因は、パラシュートがボディから出なかった、詰まったことによります。
ボディーが狭かった。。。あの径にパラシュート2個はきつかったか。


機体はこうなりました。

eggscaliber_破壊_1

ぐにゃってますね。

eggscaliber_破壊_3

eggscaliber_破壊_2

フィンも衝撃で破壊。

eggscaliber_破壊_4


修正が難しいレベルです…

卵を載せている部分は全然無事なので、新しいボディをスクラップ製作しようかと思います。


とまあ、100%成功とはいかなかったですが、なかなか見てくれた方の反応はとてもよかったです。

まあ水ロケットより数倍とぶしなー



大会では、なんとYAC秋田分団の子が、飛距離部門で優勝しました!!

凄いです。

残念ながら今回は年齢制限により全国には行けませんでしたが、来年からがまた楽しみです。


というわけでお疲れ様でしたー。



大会が早く終わったので、帰りに奥州宇宙遊学館に行ってきました。

そこにあったのは巨大な電波望遠鏡。

電波望遠鏡

アンテナ径が20mあるそうです。

でかい。

いろんな見学楽しかったですよ。



秋田に帰ってからは、先生方においしいものを食べさせてもらいました。

マグロのほほ肉うまかったれす(^q^)


さて、ロケットつくるか・・・
スポンサーサイト

イベント関係 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<イベント@能代 | ホーム | はやぶさ講演会@秋田大>>
コメント
Re: No title
またまたコメントありがとうございます!
やはり安全を考えると、冗長系が必要というところでしょうね。
今の加工技術&可能エンジンサイズではなかなか厳しいものです。
火薬式の分離機構が使用可能であればいいんですけどね。。。
そうもいかないので、機械式になるのかなー。
RCとかで信号を送るってのはやってみたいものです。
とりあえず、金属とか自由に加工できる環境が欲しい。。。
2010/08/04
PEZ URL[編集]
No title
http://www.youtube.com/watch?v=TBzRflq2nwo&feature=related
ブラックロック砂漠のトリポリ協会の会員の巨大ロケット(ミサイル?)の打ち上げビデオを見てください、彼らは打ち上げ前に保険に入ります、またボディーチューブ内には、パラシュートと放出火薬のカートリッジが入った筒が2本並列にあり、パラシュート展開に失敗すると、、予備のパラシュート火薬を電波発信機のリモコン操作で、展開させます、以前は、ポケットベルを搭載して、携帯電話でベルを鳴らすと、予備パラシュートの放出火薬に点火していました、また一番簡単な方法は、デジタルキッチンタイマーのブザーをはずしてFETを半田付けしてイグナイターで放出火薬に点火していました、安全対策もロケット技術です
2010/08/03
もうろく爺さん URL[編集]
Re: パラシュートテスターは、秘密兵器
コメントありがとうございます!
残念ながら墜落してしまいました。。。
パラシュートの放出のテストは今回行ってなかったです・・・
というのも、完成がイベントの前日というぎりぎりでの製作でした。
やはり徹底して防ぐべきでしたね。

今現在は、趣味で打ち上げるモデルロケットを製作中ですが、それは何回もテストをして万全にしたいものです。
なんたってHDカメラと計測機器積んでるのでね・・・

また、大学のほうでも鋭意ハイブリッドロケットを製作中です。
少し遅れ気味ですが、こちらも万全の態勢で挑みたいです。
さすがに8kgの機体はもはや兵器。そして今回は慶応大学様のカンサットを積載です。
ああ…プレッシャーが…
2010/08/02
PEZ URL[編集]
パラシュートテスターは、秘密兵器
2個のパラシュートを開かせるには、ワディングでなく、紙製ピストン方式改造が確実です、またビニール製より100円ショップのスカーフ布製パラシュートが確実です、地上でマヨネーズ容器のパラシュートテスターで、放出確認テストをすれば、防げます、破損したボディーチューブは、サランラップの巻き芯に取り替えて、、ノーズコーンの差込み部分には、サランラップの巻き芯を重ねて、新しいボディーチューブに合うサイズにすれば、再生できます、「失敗は成功の元」、またバルサフィンは、つり用液体瞬間接着剤(ゼリータイプは不可)ヲ染み込ませて強度を上げます、薄い和紙を貼ってもよい、パラシュートテスターは全国大会でも秘密兵器です、子供にワディグ、パラシュートの入れ方指導に何回も地上でテストができます、ひとつ、マヨネーズまたはケチャップの食べて自作してください
2010/08/02
もうろく爺さん URL[編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rocketoycam.blog13.fc2.com/tb.php/37-49d3729a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。