スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
個人でのロケット開発の限界。
2011/03/31
平成22年度も今日で終わりです。
明日からは新年度ですね。
明日からは(おそらく)大学3年生だす。早いもんだ。


さて、先日注文していた商品が届きました。

モデルロケット | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<材料との戦い。 | ホーム | アイデアを形にするのは難しい。>>
コメント
Re: マルマン分離機構
コメントありがとうございます。

爆破ボルト一本とは実にシンプルですね。
思いつくもの全てが実現可能というわけではないので、色々難儀しています。
構造が複雑であったり、精度が必要であったり、加工が大変であったり…。
シンプルさは信頼性にも繋がるので、うまく作りたいものです。
2011/04/02
PEZ URL[編集]
マルマン分離機構
ミユー固体燃料ロケットのマルマン分離機構は1本の爆発ボルトで傘が開くように分離する機構です、液体燃料ロケットの分離機構のようにウレッジモータ、レトロモータなど複雑な機構ではありません、かぐや衛星登載の2個の衛星分離機構も回転力を与えるバネです、衛星の折りたたんだ太陽光パネルの留め金は、形状記憶合のバネで太陽光が当たると太陽熱で開きますhttp://www.isas.jaxa.jp/ISASnews/No.194/develop-04.html
となりの国でも多段式ロケットで分離に失敗します、新しい研究課題です
2011/04/01
もうろく爺さん URL[編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rocketoycam.blog13.fc2.com/tb.php/56-8a3e30af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。