スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
モデルロケット製作なう。
2011/06/30
湿気がひどいです。


じめじめしててキノコが生えてきそうです。


暑い季節になりました。

こんなときは、モデルロケットよりペットボトルロケットの方が涼しくていいでしょうね。

ペットボトルロケットのパーツとか去年一通り買い揃えたのですが、全然作ってないです。
まず、1.5L炭酸を飲まないっていう。よくて500ml。

どうせ飛ばす場所も限られているので、500mlで頑張ってみようかなー。

まあ能代宇宙イベント終わってからなんですけどね!



というわけで、能代宇宙イベントでのモデルロケットの一般打ち上げまで2カ月を切りました。

もちろん参加するつもりですが、機体がまだできてませーn

鋭意製作中です。

そういえば、結局打ち上げるのは1機の予定。
年初めとかには2機やるとか言ってたのにね。


で、
進捗を報告しつつ、製作中のロケットを今回紹介しようかなーって思ってます。


では続きを。


モデルロケット | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<進捗とかああああ。 | ホーム | 意外と急がないとヤバい系。>>
コメント
1200度の高温に耐える、回収すれば何回でも再使用できるセラミック製ワディングは「セラミックウール」という商品名で陶芸材料店で通信販売で購入できます、ショックコードに結びつければ、焦げたワディングを拾いにいかなくて済み財布にやさしいです100g420円です
http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/tool-net.jp/g/702058/index.shtml
2011/07/08
もうろく爺さん URL[編集]
Re: 交換できるクラスターエンジンマウントをレザー加工で作る
コメントありがとうございます!
レーザー加工機とかモデラとか、こんな機械工作ができるのは本当に恵まれていると感じてます。
恵まれすぎて、社会人になったらどうやって製作しようかなんて悩みます。。

バッフルイジェクション、よさそうですね。ピストン以外のパラシュート保護法のノウハウも手に入れていきたいですね。
Aerotechのラビリンスイジェクションとこのバッフルイジェクションは、放出ガスを冷却することで安全化するみたいですが、
実際にどの程度温度低下しているのか気になるところです。
このようなタイプは実際にエンジンテストしてから使いたいですね。
2011/07/05
PEZ URL[編集]
交換できるクラスターエンジンマウントをレザー加工で作る
ベニア板を精密加工して1本、2本、3本、4本、5本のクラスター用エンジンマウントを作り、許可条件、飛行条件にあわせてマウントごと交換できる弾力的飛行ができます、ワディングを使わないで、2枚の穴があいたバッフル板で放出ガスを迂回させて冷却するバッフルイジェクションができますねhttp://www.doug79.com/BT60mms/
2011/06/30
もうろく爺さん URL[編集]
いい仕事ができる環境だね、実機並みトラス構造、G型コンポジット固体燃料が入手できなければ1本800円のD12ー5黒色エンジンを8本クラスターにすれば飛びます
F型コンポジット固体燃料が手に入らない時はD12ー5エンジン4本クラスターに改造して飛行させていました
2011/06/30
もうろく爺さん URL[編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rocketoycam.blog13.fc2.com/tb.php/67-63613622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。