スポンサーサイト
--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |
種コン機体製作-ペイロードベイとか。
2011/11/20
種子島ロケットコンテスト用の機体製作ログです。

今回はペイロードベイ周辺の製作。

僕が参加予定の高度競技では、大会側が用意した機器の積載が義務となっています。
積載機器は2つ。
1つは、高度計測用のGPS機器(GARMIN geko 301)。重量約100g。
もう1つは、機体捜索補助用のビーコン(たぶんブザー)。重量約50g。

これらをロケットに積載するためには、ペイロードベイが必要となってきます。

ペイロードベイとは、荷物を載せるための空間・土台といったところ。
特に荷物が計測機器であったりすると、アビオニクスベイといいますね。
今回載せるものも計測系なので、どっちかといったらアビオニクスベイかも。

まあ、委託された荷物、ということでペイロードベイで今回は統一します。

ポピュラーな形状がコチラ。
Avionics bay_(Kevin Cook)
(参照元:Kevin Cook's Red and Black "Sky Attack" Level 3 Certification Project)

板の上に機器を固定するというシンプルな方法。

これに似た雰囲気のペイロードベイを作りました。



種子島ロケットコンテスト | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<種コン機体製作-フィンの表面処理的な。 | ホーム | 種コンというものがありましてですね-フィン製作とか。>>
コメント
Re: ビーコンブザーは痴漢よけブザー
コメントありがとうございます!
GPS機器を常にモデルロケット積載できたら、さぞ捗るでしょう。
まあ今回の機器はどちらかというと陸のルート様なハンディGPSなので、飛行解析には難あるスペックみたいです。
モデルロケットの場合、飛翔から着地までが一瞬みたいなものなので、やはりできるだけサンプリングレートの大きいデータロギングができると嬉しいですね。
2011/12/19
PEZ URL[編集]
ビーコンブザーは痴漢よけブザー
お金がかかっているね、ビーコンブザー、GPS受信機があれば、あとで飛行ルートが解析できるハイテク電子装置です、日本製がないのが残念、日本の電子技術の遅れが露呈しています、日本人半導体電子技術者のレベルが疑われます、電子科の大学生がGモータ用アビオニクスの小型化ができないと悩んでいます、
2011/11/24
もうろく爺さん URL[編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rocketoycam.blog13.fc2.com/tb.php/79-3dd8db0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。